アンチエイジングにおける効果的な3つの方法

肌が老化する原因は、年齢を重ねるごとに減少していく体内の水分量です。

水分量の減少を放置しておくとどんどん老化が進んでしまいますが、アンチエイジングをすることによって加齢に伴う肌の老化を抑制することができます。

アンチエイジングの方法はさまざまありますが、その中でも知っておくべき効果的なポイントが以下の3つの方法です。

1:食習慣でアンチエイジングする

普段の食習慣を気を付けることは、アンチエイジングと大きな関わりを持ちます。

バナナ、かぼちゃ、にんじん、キャベツ、ブロッコリー、ケール、ニンニク、そば、大豆などのように「抗酸化作用」が高い食べ物を毎日の食事に取り入れることを意識すると、自然とアンチエイジングできるでしょう。

抗酸化作用とは活性酸素の働きを抑えるもので、体内の酸化によるさまざま悪影響への対策となります。

先ほど挙げた食べ物の中でもバナナの抗酸化作用は優秀で、食物繊維も摂取できるため、1日あたり1本食べるだけでかなりの効果が期待できます。

抗酸化作用のあるカロチンを摂取できる緑黄色野菜に属するかぼちゃやにんじんなどもぜひ食べたい食材と言えるでしょう。

もちろん、それ以外の抗酸化作用がある食べ物を食べてもOKです。

2:運動不足を解消してアンチエイジングする

老化を早める要因となる筋力・新陳代謝の衰えは、運動習慣のない生活を続けているとどんどん進んでしまいます。

つまり、加齢に負けない身体作りのためには、ウォーキング・ジョギング・水泳といった継続して低負荷の運動を行う有酸素運動、筋力トレーニングなどのように瞬発的に高負荷の運動を行う無酸素運動の双方の習慣を日常生活に取り入れることが大切です。

有酸素運動は心肺能力を向上させたり、発汗を促したりすることによる新陳代謝の手助けになります。

これに対して、無酸素運動は上腕二頭筋・腹筋の鍛錬、何をしなくても消費するエネルギーを示す基礎代謝のアップといった成果を目指すことのできる運動です。

それぞれに持つ役割が異なっているので、どちらか一方に偏ることなく運動することが重要となります。

3:睡眠に気を付けてアンチエイジングする

健康・美容に影響が大きい睡眠に気を付けることもアンチエンジングでは大切です。

まず注意したいのは時間帯で、肌のゴールデンタイムとされている午後10時から午前2時までの間は睡眠をしっかりととっておきましょう。

なぜゴールデンタイムと呼ばれるかと言えば、成長ホルモンの分泌量が大きく、肌を再生してハリやツヤを保つために有用な時間帯だからです。

次に気を付けておきたいのは眠る時間の総量です。

肌は眠っている間に代謝が行われるため、先ほど述べたような運動による代謝の向上ができたとしても一定以上の時間眠らなければアンチエイジングの効果が薄くなります。

毎日のスケジュールの中で睡眠時間を多くとるだけでなく、アロマキャンドルやヒーリングミュージックなどを活用して緊張をほぐし、睡眠の質を上げるという方向性もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする