むくみはなぜ起こるのか?解決方法を紹介

むくみと聞くと「足のむくみ」をまずイメージする人が多いと思いますが、足以外の部位、例えば手や指がむくむこともあります。

なぜむくみが起きるのか、どうすればむくみを解消できるのかについて解説していきます。

むくみのメカニズム

心臓からスタートした血液は動脈を通って身体の各部に水分や栄養を運びます。

そして、不要な水分があれば静脈を経由して他の部位へと再循環させるのが、通常の流れです。

むくみはこの水分の再循環に問題が発生し、皮下組織に必要以上の水分が溜まってしまうことによって起こる症状です。

なぜむくみが起きるのか

1:長時間立ち続けたり座り続けたりする

一日中立ったまま仕事をした経験のある方なら、仕事前と後で足の太さが全然違うという事態に遭遇したことがあるでしょう。

立った状態だと重量の関係で下半身に血液がたまっていきがちですから、長時間立ち続けているとむくみが発生しやすいのです。

また、一日中座り続けた場合も同様に足がむくむことがあります。

立ちっぱなしの状態と比べると程度は軽いですが、それでもむくみやすいことに違いはありません。

2:運動習慣がない

血液を循環させるポンプ機能に関わりが強いのが足の筋肉です。

運動習慣がない人の場合、足の筋力が低下しがちですから、ポンプ機能にも問題が出るケースが多いです。

ポンプ機能がきちんと働かないと足に水分がたまりやすい状況が続き、むくみが発生してしまいます。

さらにポンプ機能が低下すると、足先への血液の巡りが悪くなり、冷え性・血行不良といった悩みを抱えることにもなりかねません。

3:塩分・水分のとりすぎ

むくみを防ぎたいなら、塩分・水分のとりすぎにも注意が必要です。

人の塩分濃度はある程度の範囲が保たれており、塩分量が増えすぎると水分を増やして塩分濃度を下げようとする動きが起こります。

すると血液が過剰な状態となってしまい、むくみへとつながるのです。

漬物やハム、ベーコンやさつまあげ、ラーメンなどの食品には塩分がたくさん含まれているので、むくみを気にするなら食べる量に注意すべきと言えます。

水分をとりすぎると余分な水分量が増えるため、こちらもむくみの原因となりがちです。

むくみを解消するには

1:運動不足を解消する

運動不足を解消して、足の筋力を上げることはむくみづらい身体作りをする上で重要です。

足の筋力を上げれば、ポンプ機能の向上によって足にたまった血液を循環させやすくなり、むくみの発生を抑えることができるでしょう。

身体のさまざまなむくみの中でも足のむくみは繰り返すことで常態化しやすいです。

そのため、短い時間にウォーキングなどの軽い運動をするだけでも良いので、運動する習慣を身に付けるようにしましょう。

2:カリウムの摂取を意識する

むくみへ対応する方法として、排尿・発汗によって不必要な水分を外に出すというやり方もあります。

カリウムには体内の水分量を調節する働きがあるので、スイカ・きゅうり・とうもろこし・じゃがいも・ほうれんそうなどカリウムを多く含んだ食品を食べることを意識しましょう。

特殊な食材が必要となるわけではないので、むくみケア用にちょっとしたメニューを追加するということがおすすめです。

3:入浴時間に気を付ける

バスタブでの入浴は血行を改善することで、むくみ解消へとつながります。

毎日20分以上、しっかりと入浴することを意識しましょう。

なお、お湯の温度はあまり高くせず適温を保つようにしてください。

お湯の温度が高すぎると睡眠トラブルが発生する可能性があり、別の問題を抱えることになるからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする