肌荒れが起こる原因と解決方法を紹介

肌が荒れる原因は多岐にわたりますが、乾燥や不安定な生活習慣はその中でもよく見られるものです。

この記事ではなぜが肌が荒れるかについて、そしてどうやって対策すれば良いのかについて解説します。

肌が荒れる原因

1:腸内環境の悪化

肌荒れは身体の表面に症状が現れるため、外側からのアプローチをまず意識するという人も多いでしょう。

しかし、「肌は内臓の鏡」という言葉があるくらい、身体の内部とも関わりが深いです。

腸は特に肌との関わりが強い臓器なので、肌が荒れているときには原因が腸内環境の悪化であることが考えられます。

腸内の細菌のバランスが崩れると、悪玉菌によって作られた有害物質が血液を通して皮膚にも届き、さまざまな問題を引き起こすことがあります。

便秘に悩んでいる人の場合、排便の機会が少ない分老廃物や毒素がたまりがちになるので、腸内環境の乱れには特に気を払う必要があるでしょう。

2:食生活の乱れ

食生活もまた肌と関わりの深い要素と言えます。

肌荒れを防ぎたいのであれば、塩分量の多いスナック菓子やファーストフードをたくさん食べることは避けたいところです。

なぜなら塩分の過剰摂取は体内の水分量を減らす結果へとつながり、肌が乾燥して荒れやすい状態を作ってしまうことが多いからです。

注意するべきなのは塩分だけではありません。

糖分も分解される流れでビタミン類を消費するため、皮膚の粘膜の補修や肌の新陳代謝の促進といった部分に悪影響を及ぼす可能性があります。

つまり、塩辛い菓子だけでなくデザート類にも注意が必要です。

肉類は肌荒れにつながると勘違いされがちな食品ですが、適量を食べるのであればむしろ肌の健康を保つことに貢献してくれます。

肉類のたんぱく質はアミノ酸へ変わり、肌を作るためのコラーゲンの材料となるからです。

3:不十分な睡眠時間

肌が修復・再生するのは、主に睡眠しているタイミングです。

睡眠時間の中でも22~2時の間は「肌のゴールデンタイム」と呼ばれるほどで、この時間帯にしっかりと眠れるかが重要となります。

質の悪い睡眠が続くと成長ホルモンの分泌量が足りず、肌の状態が悪くなる可能性が高くなってしまいます。

肌荒れへの対処

1:食生活に気を付ける

食事の内容に気を配り、身体の中からアプローチしていくことは肌荒れ対策として有用です。

摂取すべき栄養素は色々とあるのですが、たんぱつ質やビタミン、亜鉛や鉄分、カルシウムなどを含む食材は毎日の食生活にとりいれていきましょう。

たんぱく質は大豆や牛肉、
ビタミンAはにんじんやかぼちゃ、
ビタミンB2は納豆や卵、
ビタミンB6は鮭やごま、
ビタミンEはアーモンドやいくら、
ビタミンCはレモンやいちご、
亜鉛は牡蠣や牛肉、
鉄分はごま、
カルシウムは小松菜・牛乳

などに含まれているので、作る料理に悩んだらこれらの食材を使うものを選ぶことをおすすめします。

2:睡眠の質を上げる

良質な睡眠をしっかりととることは肌荒れへの対処として、ぜひ実践したい方法です。

毎日6時間以上の睡眠を確保できるようなスケジュールを組むことが重要になってきます。

とは言え、ただ睡眠時間を長く確保するだけでは肌荒れ対策としては不十分で、睡眠の質を上げることも大切です。

スマートフォンやパソコンの画面から受けるブルーライトは体内時計を狂わせて睡眠の質を落とすことにつながるため、ベッドに入る直前まで操作することはおすすめできません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする