野菜不足が引き起こす病気と解決方法

野菜不足が原因で重い病気や症状が起きることもあるため、野菜をきちんと食べることは大切です。

今の日本人は野菜不足な食生活を送りがちなので、野菜を意識的にとりいれていく必要があります。

この記事では野菜不足が原因となる病気と野菜不足を解消するための方法について解説します。

野菜不足が原因となる病気

1:生活習慣病

肥満、糖尿病、高血圧といった生活習慣病は、毎日の生活習慣が深く関与している病気や症状です。

生活習慣病と野菜不足の間には関わりがあります。

野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維は身体の中で作り出すことができないため、摂取するには野菜を食べる必要があります。

これらの栄養素は生活習慣病対策として有用なので、野菜不足の食生活は生活習慣病になりやすい食生活と言えるでしょう。

例えば、塩分の過剰摂取は高血圧の原因となりますが、ミネラルの中の1つ、カリウムには塩分を排出する働きがあるため、高血圧予防の効果が期待できます。

つまり、野菜不足だとカリウムの摂取量も少なくなり、高血圧になりやすくなってしまうのです。

2:うつ病

意外に思うかもしれませんが、野菜不足はうつ病とも関わりがあります。

野菜不足の食生活を送っている人はうつ病予防に役立つ栄養素である葉酸の摂取量が少なくなるという研究結果があるからです。

さらに精神面の健康をコントロールすることに役立つビタミンB6やビタミンB12も野菜から摂取できる栄養素です。

つまり、野菜不足の人はうつ病予防に役立つ栄養素が不足しがちになるため、野菜をしっかり食べている人に比べてうつ病のリスクが高くなります。

3:皮膚疾患や肌荒れ

野菜と肌の強い関わりについては既に多くの方が知っているでしょう。

野菜から摂取できるビタミンやミネラルはコラーゲンの生成・保持に関わっているため、野菜不足の食生活は肌にも悪影響を及ぼします。

また、ビタミン・ミネラル・食物繊維の不足は便秘の原因にもなる点も重要です。

便秘が続くと毒素を排出する働きが弱くなり、ニキビや吹き出物といった形で肌に影響を与えます。

野菜不足を解消するには

仕事が多忙で自炊する余裕を持てない1人暮らしの社会人は、外食や弁当、持ち帰りのお惣菜などに頼る機会が多いため、野菜不足になりがちです。

すぐに仕事の忙しさをコントロールすることは難しいので、手始めに外食や弁当などでも野菜が摂取できる工夫をしてみましょう。

例えば、ファミレスを利用する際やスーパー・コンビニの弁当を買う際、サラダを追加するというのは分かりやすい方法でしょう。

レタスやブロッコリーなどの生で食べれる野菜をタッパーに入れて持ち運び、昼食時のメニューにくわえるというのも手軽にできる野菜不足解消法です。

また、あらかじめ細かく切られたカット野菜は生で食べることもできますし、調理の手間を減らす役にも立つのでおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする